スポンサードリンク

2007年07月03日

耳真菌症/耳垢栓塞/外耳道異物

 耳真菌症は、カンジダなどの真菌(かび)が外耳道に感染する病気です。高温多湿な季節におこりやすいです。
 症状としては、痛みや痛かゆいというような症状や腫れた感じ、粘り気のない水のように無色な耳漏がでます。外耳道湿疹とよく似た症状がでます。また、耳垢が多く出るので外耳道をふさいでしまって、聞こえが悪くなることがあります。
 耳垢は外耳道の形のままにとれてきて、感染した真菌の種類によって白色や黒色、緑色だったりします。
 治療方法は、抗真菌剤、ピオクタニン軟膏、サリチル酸アルコールなどを塗ります。ふつうの抗生物質入りの軟膏は、かえって症状を悪化させてしまうことがあるので使用を避けます。

 耳垢栓塞(じこうせんそく)は、脂肪分の多い耳垢などが排出されずに固まって外耳道をふさいでしまう病気です。
 症状としては、耳垢が蓄積されて外耳道を完全にふさいでしまうので、聞こえにくかったり耳がつまった感じがします。
 治療方法は、耳垢を取り除きます。自分でもできますが、かたくなってこびりついている耳垢を無理にとると外耳道が傷ついてしまうので、耳鼻科に行って処置してもらうことをおすすめします。

 外耳道異物は、耳の中に異物(虫や砂、小石など)が入ってしまった状態のことです。
 外から見えていて簡単にとれる場合は自分で取り出してもいいでしょうが、とれない場合は、外耳道などを傷つける前に耳鼻科へ行き、処置してもらうことをおすすめします。
posted by mimisouji at 00:27 | 外耳道の主な病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。